【新刊】クレアのあかちゃん

¥ 1,400

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

通報する

クレアは、ラブラドール・レトリーバーの女の子。
日本でただ一校、犬がいる小学校の学校犬です。
子どもたちと毎日過ごすクレアには、
盲導犬(アイメイト)となる子犬を産む繁殖基礎犬としての使命もあります。
その初めての出産で生まれた9ひきのあかちゃん。
出産の瞬間から、新しい家族のもとへ巣立つ日までの67日間の成長ドキュメントは、
ふわふわのマシュマロのような、いとおしさ。

クレアの出産や、愛くるしい子犬たちの育児をとおして、
いのちのぬくもりや、重さ、成長の喜びが自然に伝わってくるフォトブックです。

※本文112ページ。カラー写真116点収載。写真説明は英訳付き。
中学生以上で習う漢字にはふりがながついています。

【著者】
吉田太郎(よしだ・たろう)
立教女学院小学校教諭(教頭、宗教主任)。
1973年、京都府長岡京市に生まれる。
同志社大学神学部卒業、同大学院歴史神学専攻修士課程修了。
1999年、立教女学院小学校教諭(宗教主任)。
2003年より、エアデール・テリアのバディとともに、
子どもたちの教育に犬を介在させるプログラム
「動物介在教育(Animal Assisted Education)」をスタートさせる。
2013年4月、立教女学院小学校教頭。2016年10月、
アイメイト(盲導犬)となる子犬を産む繁殖犬として、
ラブラドール・レトリーバーのクレアを学校犬に迎える。
現在の学校犬は、福島から引き取ったウィルとブレス、
エアデール・テリアのベローナ、そしてクレアの4頭(2017年12月現在)。
著書に、『ありがとう。バディ 学校犬、その一生の物語』(2015年)、
『奇跡の犬、ウィル 福島から来た学校犬の物語』(2016年)などがある。

【出版】
セブン&アイ出版

【編集】
落合加依子(小鳥書房)

ショップの評価

  • 【新刊】詩誌『黒々と透明な』Vol.2

    【新刊】詩誌『黒々と透明な』Vol.2

    注文した翌日に届きました。迅速丁寧な対応ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

  • いちどきりのおくりもの

    いちどきりのおくりもの

    ふわふわした可愛い絵がお話を引き立てていて、すごく心があたたまりました。

  • 病気にならない食と暮らし

    病気にならない食と暮らし

  • もっと自分を好きになる 育自のための小さな魔法ノート

    もっと自分を好きになる 育自のための小さな魔法ノート

  • ちゃんと食べとる?

    ちゃんと食べとる?

    プチプチに包んで梱包してありきれいな状態で届きました。

  • ちゃんと食べとる?

    ちゃんと食べとる?